スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mabinogi~Another story~ 第四話
2010年07月31日 (土) | 編集 |
はいどうもキヤルンです(´ω`)ノ
小説ネタがどう進展していいかわからんのでちょっと次の小説に番外編をいれようかと(ボソッ

では続きどぞ~
第四話 少女

「わっちのこと忘れちゃった・・?」

彼女の目に涙がうっすらと溜まっていた。

「ちょ・・・ちょっとまって・・・」

慌てふためく俺。

「あーあーキヤルさん 泣かしちゃった~」

ふと奥の方を見ると、見慣れた人たちがそこにはいた。
目の前に立っているのは黒髪の少年だった

「えーと・・・もしかして宇亥ちゃん・・・?」

「あったり~!」

さらに後ろに紅さんと札幌犬さんがいた。

「てことは・・・?」

改めて自分の前に立っている彼女を見た。
純白の着物姿そして見た目が猫。
そう。そんな人は自分の身近には一人しかいなかった。

「Faraちゃんか!!!」

「にゃーお!」

先ほどまで泣きそうだった顔がうそのように笑顔になった。

「てかなんでみんなここに?」

宇亥ちゃんがすべての成り行きを説明してくれた。

「なるほど。で、そのナズナって子はどこにいるの?」

「まだベットで横になってるよ。」

宇亥ちゃんたちはナズナの部屋へ案内してくれた。
ドアを開けるとそこには小さな少女がベットで座っていた。

「あ、おかえりなさい。」

「おーナズナ起きたか!」

「えーと・・・そちらの方は?」

ナズナは首をかしげて俺の方を見た。

「初めまして キヤルといいます。」

「あ、こちらこそ初めましてナズナです。」

そしてナズナの周りをみんなが囲い色々な話をした。
かれこれ1時間くらいしゃべったときだった。

「それにしても・・・」

ナズナは俺とFaraちゃんを不思議そうに見ていた。

「ん?ナズナさんどうかしたかい?」

「あ、いえ お二人は随分と仲がよろしいですね。」

それもそうだ。話ている間Faraちゃんはずっと俺の腕をがっちりとつかんでいた。
ただ猫グローブをしているせいで爪が若干食い込んで痛かった。

「キヤルさんはFaraちゃんの旦那さんなんだよ~」

宇亥ちゃんは嬉しそうに言った。
それを聞いたナズナの顔が少し明るくなった。

「お二人結婚してるんですか~」

「まぁ~ね。てか宇亥ちゃん別にそれ言わなくてもよくない・・・?」

「えーなんですか? 事実なのに~」

「あんまりからかわないでくれよ・・・」

すると紅さんがボソッっと呟いた。

「でもFaraさんを泣かせたら私許しませんからね。」

「は・・・はい。肝に銘じておきます。」

そしてしばらく雑談しているとあっという間に日は暮れていった。
するとナズナが呟いた。

「あの二人大丈夫かな・・・」

(あの二人って誰だ?)
ふとそう思ったときには既に口に出ていた。

「あの二人って?」

「あーまだキヤルさんには言ってなかったね。 今梅雨と狼ダンジョン行ってるんだよ。」

「あの二人もこの世界来てたのか~」

「あれ?宇亥ちゃんは行かなかったの?」

そう聞いたとき宇亥ちゃんの行動に焦りが少し見えた。

「あー俺はその~色々あってさ・・・」

ふと紅さんが呟いた。

「次郎はサボったんでしょ。」

宇亥ちゃんの反応はどうやら図星みたいだったようだ。

「宇亥ちゃん 君には失望したよ!」

「そうですね。次郎、責任もって死んでください。」

なぜかだんだんエスカレートしていった。
それを見てみんな笑っていた。

(しかし・・・紅さんってこんなキャラだっけか・・・?)

そして再びナズナの顔見てみると少し寂しそうな感じがした。
とっさに俺は話を変えた。

「あーもうすぐ夕食だから俺ちょっとケイティンのところ行ってくるね!」

「あ、私たちもいきましょうか?」

紅さんと犬さんがそう言ってくれた。

「あー大丈夫だよ。 みんなはナズナさんとお話しててよ。」

「じゃいってくるね~」

「いってらっしゃーい」(一同)



というわけで第四話終了です。
一応リクエストに答えてニヤニヤ感を入れてみたけど、どこか無理やりだったww

後ごめんw 紅さんのキャラがちょっと毒々しいキャラになってしまいした。 深くお詫び申し上げます(・ω・;)
後さ~先ほどまで泣きそうだった顔がうそのように笑顔になった。っていう文脳内再生したらちょっとニヤ(ry

では今日はこの辺で~(´∀`*)ノシ バイバイ
コメント
この記事へのコメント
にぱーー≧ω≦ーーーー
2010/07/31(Sat) 09:06 | URL  | ふぁら #-[ 編集]
>Faraちゃん
嬉しそうで何よりw
2010/07/31(Sat) 11:14 | URL  | キヤル #-[ 編集]
気付いたらニヤニヤしてた(゚∀゚)
キヤルも結構あれですね^p^wwwwww(
番外編wktk!
2010/07/31(Sat) 14:06 | URL  | 梅雨 #shRt6jX2[ 編集]
>梅雨さん
あれってなんだろうなww
番外編はそこまで期待するようなものではww
2010/07/31(Sat) 15:51 | URL  | キヤル #-[ 編集]
に・・・・にやにやにやにや(ry
キヤルさんも小説の更新スピード早いから自分もそろそろがんばらないと(^q^)
ちくせう。どうせ自分の小説では自キャラ以外ほとんど出てこねぇよ!!悪いか!!!(悪い(キリッ
2010/08/01(Sun) 00:07 | URL  | レイティア #-[ 編集]
>レイティアさん
結構書き溜めしてるからね~
なら俺を出してもいいんですよ!
2010/08/01(Sun) 01:10 | URL  | キヤル #-[ 編集]
先生!気づいたら終始真顔でよんでた!
2010/08/01(Sun) 15:16 | URL  | 女帝 #-[ 編集]
にやにや(*´∀`*)
ネト充爆発しろ!とか全然思ってないですよ(*´ω`*)!
2010/08/01(Sun) 16:16 | URL  | 美紗 #-[ 編集]
>レンレン
あらそんなに食い入るように読んでくれたのはちょっと意外です・w・;

>美紗さん
あなたもそれなりにネト充じゃないですかw
2010/08/01(Sun) 18:04 | URL  | キヤル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。