スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mabinogi~Another story~ 第六話
2010年09月14日 (火) | 編集 |
ごきげんよう キヤルンだよ(´ω`)
こっちの小説ちょっと進めたよ~

でも番外編の小説詰まり中・・・・小説の神様降りてこないかな(・ω・`)
続きどぞ~
第六話 異変


目覚ましは普段かけなかった。
しかし、携帯の音が鳴っていた。

「うーん・・・」

携帯を見ると着信が着ていた。
その音でFaraちゃんも目を覚ました。

俺は携帯を取って画面を見た。
レンレンだった。

「もしも~し レンレンどうした?」

「・・・だ・・・・んば」

しかしノイズでほとんど聞こえなかった。

「あぁ? 聞こえねーよ!」

寝起きの俺はかなり機嫌が悪かった。
しかし、それはレンレンも知っていたし、むしろレンレンもそういうタイプだった。(気がする)

「だんば・・・・た・・・・す・・けて・・・」

しゃべるたびにノイズがどんどんひどくなっていた。
そして、突然プツンと切れてしまった。

「なんだよ・・全く・・・」

「どうかしたの?」

Faraちゃんは目をこすりながら眠たそうに言った。

「なんかレンレンがダンバ来いって行ったんだけどさ~ なんかノイズひどくて全然わけわからんかったし。」

「じゃわっちも行く!」

「えぇ? でもいいの? 梅雨さんたちと一緒にいなくて?」

「大丈夫だよ。わっちいなくてもみんな強いし。」

「まぁみんな起きたら、ちゃんと説明するか。」

-----------------------------------カクカクシカジカ---------------------------------------------

「えっ、行けないんですか?」

「ほんっとごめん!」

そういいながら俺は何度も頭を梅雨さんたちに下げた。

「いやいや!フレが死にかけてるならそっちのほうを優先するのが当たり前ですよ!」

「そう・・・?」

「僕達のことは気にしないでください。今回は2人じゃありませんからね」

そういうと狼さんは親指を突き出た。そして後ろにいた犬さんが強くうなずいた。

「そっか、じゃあ行ってくるね?くれぐれも危ないことはしないようにね!」

そう言って俺はFaraちゃんを馬に乗せダンバって向かった。




ダンバ近郊

「ずいぶんと盛んな町だな~」

「人いっぱいだね!」

そのときだった。どこからか僕たちの呼ぶ声が聞こえた。

「にーや~ん! ふぁらちー!」

ふと広場のあたりを見るとそこには砂くじら2さんと刹哭さんがいた。

「おぉ!せっちゃん! くじらたー!」

「くじらたーたちもこの世界に来てたんだ~」

「うに~ 気づいてたらダンバ周辺にいたんだよね」

「そっか~ あ、そうそうレンレンにあわなった?」

「いや?見てないけど? せっちゃは見た?」

「私も見てないですね~」

「ふむ~そか~困ったな・・・」

「煉さんに何かあったんですか?」

「実はさ~ダンバでなんか助けて欲しいって言ったんだけど、ノイズがひどくて他の部分聞き取れなかったんだよね~」

「しかもさっきから電話しても全然でないし・・・どうなってんだか・・・」

そのときだった花火のようなドーンという音が何度も鳴った。

「あれ?花火の音聞こえたけどなんかあったっけ?」

「なんか聞こえたね。でもこの時期イベントなんてなかったよ?」

「俺ちょっと気になるから見てくるわ。」

「わっちもいく!」

「くじらたーとせっちゃんはどうする?」

「私たちはもう少しダンバで他のフレが来ないか待ってようと思います。」

そういうと刹哭さんは軽く微笑んだ。

「そっか~じゃちょっと僕らだけで行って来るね~」

「はい。気をつけて~」

そういって俺とFaraちゃんは再び馬を出しダンバを南へと下っていった。



は~いというわけで、6話終了~
タイトルに合った内容じゃないと今更気づいたよ・x・;

この場合どうすればよかったんだろうねw
また「出会い」とかそんなようなことは書きたくはなかったのよね==

後くじらたーとせっちゃんのしゃべり方これで合ってます==?
最近ちょくちょく会ってるとはいえ正直不安いっぱいでした・x・;

まぁ頑張って本編進めるよ!
では今日はこの辺で~(´∀`*)ノシ バイバイ
コメント
この記事へのコメント
うわ、なんか追いついてきたなwwww
やばいやばい^p^;;
しかし続きwktk
2010/09/14(Tue) 19:42 | URL  | 梅雨 #shRt6jX2[ 編集]
>梅雨さん
ふふふ(・ω・`)
早く書かないと完全に追いついちゃうぞ!っと脅してみたりw
2010/09/14(Tue) 19:50 | URL  | キヤル #-[ 編集]
最近こっそり梅雨さんの小説を見たら話がリンクしていることに気づきました(`・ω・´)!今更ですが(
そう繋がるのか!とお二人のすごさに感動(*´ω`*)
2010/09/14(Tue) 19:55 | URL  | 美紗 #-[ 編集]
>美紗さん
本当に今更だなww
俺も梅雨さんの小説何度も読み直して、矛盾が発生しないようにするのが大変です・w・;
2010/09/14(Tue) 20:37 | URL  | キヤル #-[ 編集]
2回目失礼
まぁ実はいろいろ隠してる部分があったりするんですがね・・・(゚ω゚
そこがちょっと心配で心配で・・・!
2010/09/14(Tue) 22:58 | URL  | 梅雨 #shRt6jX2[ 編集]
>梅雨さん
隠してる部分・・・?
すっげー気になるw
2010/09/14(Tue) 23:41 | URL  | キヤル #-[ 編集]
あたしにケガを負わせたら承知しない0x0
2010/09/15(Wed) 16:57 | URL  | 女帝 #-[ 編集]
>レンレン
それは絶対ないです・x・;
2010/09/15(Wed) 17:45 | URL  | キヤル #-[ 編集]
わ・・・わっちがでてるΣ(゜-゜)
2010/09/17(Fri) 18:31 | URL  | にゃーんな人(刹哭) #-[ 編集]
>せっちゃん
くらじらたーとセットで出してみました・w・b
2010/09/17(Fri) 19:04 | URL  | キヤル #-[ 編集]
(((((((っ・ω・)っ ブーン
2010/09/18(Sat) 04:26 | URL  | ふぁら #-[ 編集]
>Faraちゃん
⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
2010/09/18(Sat) 10:48 | URL  | キヤル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。