スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mabinogi~Another story~ 第八話
2010年10月14日 (木) | 編集 |
ごきげんようキヤルンです
もうなんだかんだで10月ですね(・ω・;)

つい最近まで暑くて死にそうとか言ってた俺ですが、最近となってはめっきり寒くなり・・・
食べ物のおいしい季節でもあります。

後2ヶ月もしたらクリスマスですね。
ははっリア充なんて爆死してしまえ!

続きどぞ
第八話 迫り行く危機(前編)

馬を走らせてすぐのことだった。
あたりにフェニックスの羽を出して倒れてる人が沢山いた。

俺は馬から降り一人一人に羽で復活させた。
そのたびにありがとうの言葉をもらったが、俺にはそんな聞く余裕なんてどこにもなかった。


マナはとっくに尽きていた。
息もあがっていた。だが、一向に倒れてる人は減っていかなかった。

「ぜぇぜぇ・・・全く・・・どんだけループすれば終るんだ・・・」


俺は木下で腰を下ろしたと同時にペットからヒーラーチケットを出した。
ちなみにヒーラーチケットとは村や町から離れていてもヒーラーの家の商店を利用することができる便利なチケットである。

そこで俺はフェニックスの羽を大量に買い込んだ。
そのときだった腹部を黒い物体が直撃した。

俺は瞬時に受身をしたがその取り方がまずかった。
鞄の中から鈍い音がした。

「・・・・え!?」

鞄の中を見るとダス鎧(ダスティンナイトシルバーアーマー)が破損していた。
だがそれより重要なのは目の前に敵だった。

「おう・・・・クローカーじゃん。」

クローカーは魔法のようなものを詠唱中のようだった。
俺はすかさず鞄から盾と剣をだし、クローカーに突進した。

「くらえっ!」

スマッシュを入れたクローカーは地面に落ち消えていった。
するととこからともなく犬の吠える声が聞こえた。

辺りを見渡すとそこには黒い犬がクローカーに吠えていた。

「誰かのペットの犬かな?」

だが辺りには主人らしき人はいなかった。
しかし、よく目を凝らして見るとそこには背丈の小さい子がいた。

俺は思った。
(まさかフレッタ・・・・!?)

俺は慌てて馬を出し犬が吠えている方向へ向かった。
(間に合え!)

俺はすぐにFB(ファイアボルト)を詠唱した。
クローカーはこっちに気づき向かってきた。

「よし!」

そしてFBCでなんとか倒すことができた。

「ふぅ・・・もう大丈夫だよ。出ておいで。」

すると木の後ろからひょこっとフレッタの顔が見えた。

「怪我はない?」

フレッタは首を縦に振って答えた。
するとフレッタの一緒にいる黒い犬つまりラフがこっちに飛び掛ってきた。

俺は少し驚いて尻餅をついた。
ラフは俺の顔をペロペロと舐め始めた。

「ちょ・・・くすぐったいって!」

するとフレッタがこちらに向かってきた。

「あの・・・・ありがとう。」

「いやいいって。 むしろお礼を言うのは俺じゃなくてこっちの犬だろ?」

ラフは尻尾を大きく振りながらフレッタに吠えた。
それを見たフレッタはやさしく頭を撫でた。

「あ、そうだ! フレッタお願いなんだけど・・・・」

フレッタは不思議そうに首をかしげた。

「これ・・・・」

そう言ってさっき破損してしまった、鎧を出した。

「なんとかして直してくれないかな・・・?」

「どうしたらこんな壊れ方するの・・・」

俺は苦笑いをしながらごまかした。
しかし、フレッタは心よく引き受けてくれた。

「まぁでもここにいちゃ危ないから安全なところで非難してなよ?」

フレッタは首を縦に振った。

「また危なくなったらお前が助けるだぞ!」

俺はラフの頭を撫でた。
ラフはそれに答えるようにワンと吠えた。

「お兄ちゃんはどうするの?」

「ん?俺か?俺は羽だして倒れてる人を助けつつ、戦闘しようと思ってるけど?」

「鎧なしじゃ危ない・・・」

「大丈夫だって! 俺こう見えて結構生存する確率高いんだぜ? 不死身にキヤルン!って言われてるんだよ!」

もちろんそんなわけはなかった。
ただ、誰かに心配されたくはなかったという気持ちだけはあった。

それを聞いたフレッタが一瞬笑ったかのように見えた。

「じゃ・・・せめてこれもって言って。」

俺はフレッタから不思議な指輪をもらった。

「いいの?こんなのもらっちゃって・・・」

「貸すだけだよ・・・ちゃんと返してね」

「うん! じゃそろそろ行くね!」

こうして俺はフレッタからもらった指輪を手に付けてペッカダンジョンに向かった。


というわけで今回はここで終了。
まぁここまでは俺の視点で見た感じです。

後編は梅雨さんたちと合流場面かな~?
じゃ今日はこの辺で~( ´・ω・`)ノ~バイバイ
コメント
この記事へのコメント
続きwktk
・・・なんて言ってる場合じゃないそろそろおいつかれるwwww
早く更新しないとwwww^p^
くりすます?なにそれおいしいの?
俺はそんなものより今目の前にあるテストのことで頭がいっぱいですよ^p^
2010/10/14(Thu) 23:23 | URL  | 梅雨 #shRt6jX2[ 編集]
>梅雨さん
確かにそうですねw梅雨さんも小説がんばれw後テストも!
2010/10/15(Fri) 01:39 | URL  | キヤル #-[ 編集]
こんな場所絶対行きたくない…(´゜д゜`)
羽買うよりヒーラーさんに来てもらった方が早いですねー
ヒーラーカモンლ(╹◡╹ლ)
2010/10/15(Fri) 18:02 | URL  | 美紗 #-[ 編集]
>美紗さん
そんなことできるなら俺もそうしたいですよw
2010/10/15(Fri) 20:45 | URL  | キヤル #-[ 編集]
(*´д`)・・・
フレッタお持ち帰りぃ(ハ∀`)
2010/10/16(Sat) 21:32 | URL  | 刹哭 #-[ 編集]
>せっちゃん
かわいがってやってくださいw
2010/10/17(Sun) 01:20 | URL  | キヤル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。