スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mabinogi~Another story~ 第九話
2010年11月15日 (月) | 編集 |
ごきげんよう。キヤルンです(´ω`)
久々に小説本編続き書きたいと思います!

ちょっと長いので途中で区切りました・x・;
後編もすぐアップしたいと思います!

続きどぞ
第九話 迫り行く危機(中編)

それにはあまりにもすごい光景だった。
違う言葉で言うならカオスだった。

ペッカダンジョンの入り口には無数のモンスターが蠢いていた。

「うぁ・・・なにこれ・・・今にもあふれ出しそうじゃん・・・」

すると入り口の間で戦っていた人がかけてきた。

「ちょっとそこのお前!見てないで手伝えよ!」

内心ちょっと言い方にムッとしたが怒ってる場合でもなかった。
とりあえず俺はグラディウスの二刀流で挑むことにした。

俺はとりあえず目の前にいたガストめがけてスマッシュを入れた。

「これでもくらえ!」

するとガストはこちらをギョロリと見ておもっきり殴りかかってきた。

「!?・・・げ。効いてない・・・」

俺はとっさにDFをしたが、それでも簡単にDFは破られ俺は吹っ飛んだ。
思いっきり地面に叩きつけられ、視界がグニャリと歪んだ。

(あぁ・・・俺このまま死ぬのか・・・なんかあっけなかったな・・・)

すると遠くから俺の声を呼ぶ声が聞こえた。

「る・・・君・・・・キヤ・・・君・・・キヤル君!!!」

俺はそこ声で目が覚めた。
すると目の前にFaraちゃんが顔を覗き込んでいた。

「大丈夫?」
「あ・・・あぁ・・・俺生きてるんだ・・・」
「わっちがヒールで全回復しといたよ!」
「そっか。ありがとう」

そういって俺は彼女の頭を撫でた。

「あ、そうそうさっきばいう見たよ!」
「!?梅雨さんを?どこ?案内してよ!」
「うん!こっちだよ!」

するとそこには宇亥ちゃんと梅雨さんが喧嘩してる姿があった。
近づくにつれ話の内容がだんだん聞こえてきた。

なんでじゃねーよ!黙っていくとか馬鹿かお前は!」
「なっ、馬鹿はねぇだろ!俺は俺なりに考えてたんだよ!」
「知るか!こんな一大事に1人で行く馬鹿がどこにいるんだよ!馬鹿!」
「馬鹿馬鹿言うな!」
「っは!何度でも言ってやる!バーカバーカ!」

(何やらやたらと馬鹿が飛び交ってるな・・・)
とりあえず二人に近づいて仲裁に入ることにした。

「まぁまぁ2人とも・・・。」

梅雨さんは俺に気づいてくれた。

「キヤルさん!無事だったんですね!」
「え?あぁ、うん。僕はなんとか・・・というか、お2人とも来てたんですね。」
「え?」

(あれ?なんか俺変なこと言ったっけか?)

「あー、あのー、僕達キヤルさんに電話で呼ばれて来たんですけど・・・。」
「ぇえ!?」

俺は驚いた。
(いつ?俺がいつ梅雨さんや宇亥ちゃんに電話したのか・・・?)
俺はちょっと混乱した。

「え・・・、違うんですか?」
「僕そんなことした覚えないよ・・・。」
「わっちもずっと一緒に居たけど、連絡してるところ一度も見なかったよ?」
「じゃああれは・・・」

(あれ?どっかで似たようなことがあったような・・・・)

「まぁ、それは後回しにしよう。今はここをなんとかしないと!」
「でも、全然終わる気配がないよ・・・。」

俺たちはFaraちゃんが外に目をやるのにつられて、外に目をやった。
そこには魔族が増える一方で、プレイヤーのほうはどんどん減っていく姿があった。

すると・・・

「おい!そこの突っ立ってる人たち!話してる暇あんならさっさとこつらを片付けてくれ!」

ふいに、見知らぬ男性が叫んだ。
注意されてしまったようだ。

「言われちゃいましたね・・・。」
「じゃあ行きましょう。」

梅雨さんが慌ててみんなを呼び止めた

「あ、えっと、」
「どうしました?」
「時間がないから早くしてくれ梅雨。」

少し梅雨さんが戸惑ってる姿が見てとれた

「魔族が沸いてるのはペッカの中からなわけだから、たぶん中で何かが起こってるんだと思うんだよ・・・。それで、その何かをどうにかすれば、魔族も止まる。」
「曖昧な単語ばっかりあるけど・・・、でもそのどうにかって、どうするのさ。」
「中に入ってみないと分かんない。」
「あれを突破するのは結構難しいんじゃないかな・・・。」
「それなんですよね・・・。」

俺は必死で考えたこの状態を打破する方法ないものかと・・・
「あそこだけ全部撃退するのは絶対無理だろし・・・、せめて少しだけ動きが止まってくれればいけるおかもなぁ・・・。」

「それだ!」「それですよ!」「それにゃ!」

「へっ?」

俺は思わず目が点になった。


ということで中編はこの辺でいったん切ります。
後編もすぐアップしますのでお楽しみください!

ではではまたに~( ´・ω・`)ノ~バイバイ
コメント
この記事へのコメント
8話確認ーw-
http://kiyaru.blog41.fc2.com/blog-entry-192.html#more

先日の日記が7話ってあったから8話は?x?っと思ったら番外編で、8話は1ヶ月も前だったのね@w@

ふぁらち探しに猫いってた気がして軽く混乱したけど納得=w=
2010/11/16(Tue) 19:33 | URL  | くじら #-[ 編集]
>くじらたー
ごめwやっぱりちょっと混乱したよねw
まぁFaraちゃんの行方はもうすぐわかると思うよw
2010/11/16(Tue) 21:50 | URL  | キヤル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。